ドイツ南西部、マスターハウゼン村。再エネ収入で空き家対策に成功

ドイツ南西部、人口10.2万人のライン‐フンスリュック郡は、ドイツの中でも先進的なエネルギー自立地域として知られている。90年代末より、郡や自治体といった地域行政が主体となり、総合的な省エネ対策と再生可能エネルギー増産を、住民と共に進めてきた。電力については、既に域内需要量の2倍近くを風力と太陽光を中心とした再エネにより生産している。また2020年までに、電力だけでなく、交通と熱の分野も含めてゼロ…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー