ハンファQセルズ、韓国で太陽電池生産ライン拡充/世界トップクラスの生産能力に

韓国有数の太陽光モジュールメーカー、ハンファQセルズはこのほど、韓国において大規模セル工場新設および250MWのモジュール生産ライン増設を行うことを発表した。新設するセル工場は、韓国・忠清北道の鎮川郡に立地し、2015年末の竣工を目標に建設を開始する。完成すれば、1・5GW分のセル生産が可能となる。 [写真:韓国・鎭川工場(完成予定図)]…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Find us on Facebook

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー