バイオガス発電の「消化液」を農地還元。【リナジェン】三重で大規模実証を実施

[画像・上:液肥散布の様子(三重県多気町)]

バイオガス発電事業を推進するリナジェンは11月17日と19日の2日間、三重県多気町でバイオガス発電から発生する液肥の農地散布実証実験を実施した。発電施設で生じた消化液(発酵残渣)を液肥として地域の小麦栽培の農地に散布し、液肥利用の専門家やJAなど営農指導の専門組織と相談し、科学的見地より液肥が作物の生育や土壌へ与える影響を評価する。

バイオガス発電では、バイオガス生産の副生物として、窒素やリンなど即効性の肥料成分を含む消化液が生じる。消化液は有機性の液体肥料(液肥)としての価値が非常に高く、欧米では一般に農地利用されており、国内でも北海道など一部の地域では積極的に利用されている。しかし多気町の近隣地域では散布事例が少なく、地域における液肥利用手法の確立がバイオガス発電事業化の鍵となっている。

同社は、同町でのバイオガス発電事業を開始するにあたり、まず「三重県新エネルギー等まちづくり促進事業費補助金」の採択を受けた。次いで、多気町周辺地域で液肥利用への理解を広める目的で、三重県立相可高等学校の学校農場で空芯菜やイチゴの栽培試験を実施してきた。さらに、果樹を含めた多様な品種に対して消化液の利用可能性について、引き続き検討を進めていく。

今回の実証試験では、京丹後市エコエネルギーセンターの「液肥」を利用し、多気町周辺の小麦栽培用農地6カ所、計71aに散布した。今後、多様な品種に対する適合試験も行うことで、バイオガス発電事業化を準備する。発電事業実施の際には、消化液の全量を地域での液肥散布に利用すると同時に、地域の多様な作物への液肥活用や、液肥利用による作物のブランド化なども計画している。また、食品廃棄物排出事業者との連携による新規食品リサイクルループ構築など、様々な観点から農作物の付加価値向上に挑戦していく予定だ。

《外部リンク》

「三重県新エネルギー等まちづくり促進事業費補助金」概要

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Find us on Facebook

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る