バイオガス発電の「消化液」を農地還元。【リナジェン】三重で大規模実証を実施

[画像・上:液肥散布の様子(三重県多気町)] バイオガス発電事業を推進するリナジェンは11月17日と19日の2日間、三重県多気町でバイオガス発電から発生する液肥の農地散布実証実験を実施した。発電施設で生じた消化液(発酵残渣)を液肥として地域の小麦栽培の農地に散布し、液肥利用の専門家やJAなど営農指導の専門組織と相談し、科学的見地より液肥が作物の生育や土壌へ与える影響を評価する。 バイオ…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Find us on Facebook

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー