パナソニック、インドネシアの小学校に太陽光独立電源パッケージ設置。地域の無電化解消に貢献

[画像・上:7月30日に行われた引き渡し式の様子]

パナソニックは8月、インドネシア西部ジャワ州バンドン県バンジャルサリ村のマラバル公立第四小学校に、同社が開発した太陽光独立電源パッケージ「パワーサプライコンテナ」を設置したと発表した。この活動は、無電化状態を解消し、山間部地域の教育と給水環境の改善を目的にしている。同コンテナは、同社製太陽電池モジュール「HIT240」を12枚搭載し、約3kWの発電を行う。また、24台の蓄電池(17.2kWh)を搭載し、蓄電池からの電力供給ができる。

標高約1500mに位置するバンジャルサリ村は、電力会社による電化が行われたエリアだが、マラバル公立第四小学校は茶畑の中にあり、32年間、無電化状態が続いていた。このため、同学校では一般的なパソコンなどのITを活用した教育環境が十分に整わないことが課題となっていた。パナソニックは、在インドネシア日本国大使館の「草の根・人間の安全保障無償資金協力」を活用した官民連携プロジェクトを通じて、同製品をマラバル公立第四小学校に納入。LED照明や学校の電気設備やパソコン、プロジェクター、テレビなどの教育ツールに対する電源を供給することで、施設環境、教育環境の改善を図った。

マラバル公立第四小学校の生徒たち

マラバル公立第四小学校の生徒たち

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Find us on Facebook

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る