パナソニック、インドネシアの小学校に太陽光独立電源パッケージ設置。地域の無電化解消に貢献

[画像・上:7月30日に行われた引き渡し式の様子] パナソニックは8月、インドネシア西部ジャワ州バンドン県バンジャルサリ村のマラバル公立第四小学校に、同社が開発した太陽光独立電源パッケージ「パワーサプライコンテナ」を設置したと発表した。この活動は、無電化状態を解消し、山間部地域の教育と給水環境の改善を目的にしている。同コンテナは、同社製太陽電池モジュール「HIT240」を12枚搭載し、約3k…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Find us on Facebook

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー