リコー、柔軟性と高出力を両立する「発電ゴム」の開発に成功

リコーは5月18日、圧力や振動により高い発電性能を発揮する新しい柔軟材料「発電ゴム」の開発に成功したと発表した。圧力による発電技術は、環境発電の一つとして関心が高まっている技術で、従来は発電材料(圧電材料)としてセラミックスや高分子樹脂などが使われていた。…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Find us on Facebook

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー