下水から水素、ステーションで運用。福岡市で一般FCVに供給開始

[画像・上:福岡市中部水処理センター内の水素ステーション外観(提供:福岡市)] 福岡市が九州大学、三菱化工、豊田通商らと共働で取り組んでいる、国交省の下水バイオガス活用事業。この11月11日、同市中部水処理センター内の水素ステーションで、そのバイオガスから生成した水素の、燃料電池自動車(FCV)への供給が一般向けにも開始された。福岡市内で初の一般利用できる水素ステーションであり、なおかつ、市…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Find us on Facebook

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー