世界初の追尾集光型太陽エネルギー回収システムを開発、実証試験を開始 =NEDO/アクトリー

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)と環境開発関連プラント事業を手掛けるアクトリー(石川県白山市)は9月13日、集光した太陽エネルギーの65%を電気と熱に変換できる追尾集光型太陽エネルギー回収システムの開発に成功したと発表した。 [画像・上:実証試験を開始する追尾集光型太陽エネルギー回収システム(提供:NEDO)] 太陽光による発電と摂氏60℃以上の高温水を用いた太陽熱の熱回…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Find us on Facebook

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー