京浜臨海部で再エネ水素実証始動。サプライチェーンでCO2削減目指す【神奈川県/トヨタほか】

神奈川県横浜市および川崎市の京浜臨海部を対象地域とする、環境省の低炭素水素活用実証プロジェクト。その具体的な実証内容の検討・調査が開始された。 同実証は、環境省の「2015年度地域連携・低炭素水素技術実証事業」のひとつ。地域自治体とトヨタほか企業が参加し、再エネを活用したCO2フリー水素製造、およびその貯蔵・輸送・利活用も含めたサプライチェーンの構築を通じて、水素の地域展開と地球温暖化対策へ…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Find us on Facebook

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー