低圧太陽光発電所向け雑草対策セミナー開催=野原ホールディングス/エナジービジョン

各種工事や建築・建設資材の取り扱いから再生可能エネルギーまで、幅広い事業を展開する野原ホールディングス(東京都新宿区)と太陽光発電のO&Mサービスを展開するエナジービジョン(東京都千代田区)は8月29日(火)、広島県尾道市で低圧発電所向けの雑草対策セミナーを開催する。

野立ての太陽光発電所のメンテナンスにおける悩みの種の一つに雑草の繁茂がある。

もちろん放置は論外だが、刈っても生えてくるのが雑草だけに、どこまで対策を講じるかの見極めが難しい。雑草対策に掛けられる費用にも限度があり、特に、売電売上の絶対額が小さい低圧発電所の場合、いかにローコストで雑草の影響を抑え込むか、それなりのノウハウが必要と感じる方も多いはずだ。

今回のセミナーは低圧向けに特化し『ひとりでも安全、ローコストに 緑化のプロが教える雑草対策』セミナーと題したもの。1954年の創業以来、農業及び緑化部門で60年以上の歴史を誇る大信産業と、その技術を基に太陽光発電所向けのソリューションを提供する野原ホールディングスが講師となる。雑草に関する基礎知識から、実際にどう対策を行うべきかまで、座学と実技を組み合わせて、自社ですぐ実践できる詳細なカリキュラムだという。

先着50名限定で申込は8月18日(金)までとのこと。気になる方はお早めに連絡を。

詳しくは、https://docs.google.com/document/d/11YvHIK0myNGmh5yfxZ7NTbVCll4JS6I0zK0CDpKnih4/edit?usp=sharing
を参照されたい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Find us on Facebook

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る