低圧太陽光発電監視システム発売へ【マウンテンフィールズ】スマートグリッド上の仮想電力会社制御も想定

[画像・上:Pmonz(ピーモンゼット)の仕組み] マウンテンフィールズ(東京都港区)は、新たな太陽光発電遠隔監視システム「Pmonz(ピーモンゼット)」を11月に発売する。 発電量監視は、リアルタイムのほか1日毎、1カ月毎、1年毎の累積量も確認可能。パワコン異常時はアラートメールを送信。データ確認はパソコンやスマホなどでも可能で、早期検知・早期発見による素早い対応につなげる。 …

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Find us on Facebook

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー