再エネ目標30%以上を求める声、多数

経産省が4月28日、再エネ導入目標案を示したことを受けて、様々な団体が提言を発表した。ほとんどが経産省案を低すぎるとするもので、2030年30%超を求める声が多い。これについては、政府与党の見解も一様ではない。自民党の資源・エネルギー戦略調査会 再生可能エネルギー普及拡大委員会は、経産省の発表に先立つ4月22日、「導入目標数値30%以上」とする提言案をとりまとめている。…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Find us on Facebook

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー