北九州市の西部ガス工場跡地で風力発電事業推進【エネ・シード/日立ウィンドパワー】

[画像・上:「エネ・シード北九州風力発電所」に設置予定の、日立製作所製「HTW2.0-86」型風力発電システム(提供:西部ガス)] 北九州市沿岸部での新たな風力発電事業発進がこの9月に発表された。事業が行われるのは、2016年7月に着工・2017年3月完成予定の「エネ・シード北九州風力発電所」だ。西部ガス(福岡県博多市)のグループ会社で再エネ事業を担うエネ・シードと、日立製作所グループの日立…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Find us on Facebook

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー