単層カーボンナノチューブ量産始まる。【NEDO/産総研/日本ゼオン】キャパシタ等幅広い応用範囲

[画像・上:単層カーボンナノチューブ(CNT)の幾何学構造図 提供:新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)] 次世代素材である単層カーボンナノチューブ(CNT)の量産が開始される。CNTの開発は世界中で繰り広げられているが、単層CNTの量産は世界初となる。高性能キャパシタ、高性能ゴム材料、高熱伝導材料等、その応用幅はひじょうに広く、今後需要が大きく拡大することが予想されている。 …

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Find us on Facebook

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー