国内最大級・111MWメガソーラーが北海道で運転開始【SBエナジー/三井物産】

ソフトバンクグループで自然エネルギー事業などを行うSBエナジーと、三井物産は12月1日、北海道で建設を進めてきた国内最大級の太陽光発電所「ソフトバンク苫東安平ソーラーパーク」の営業運転を開始する。

同メガソーラーは、苫東(北海道苫小牧市)が所有する北海道勇払郡安平町遠浅の約166万㎡の土地に設置される。出力規模は約111MW、年間予想発電量は一般家庭約3万世帯分の年間電力消費量に相当する約1億0,801万4,000kWhを見込む。

単一の場所での太陽光発電設備としては、国内最大の規模となる。なお運営は、SBエナジーと三井物産が設立する「苫東安平ソーラーパーク株式会社」が担う。
ソフトバンクグループ広報室では、同メガソーラー建設にあたっては地域との連携をとくに重視したという。自治体との協議はもちろん、地元小学校で環境教育プログラムを実施するなど、地域住民に親しまれる太陽光発電所を目指してきた。

今後もSBエナジーおよび三井物産は、自然エネルギーの普及・拡大を目指し、メガソーラーをはじめとする自然エネルギー発電所の建設と運営を進めていく方針だ。

[画像・上:ソフトバンク苫東安平ソーラーパーク]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Find us on Facebook

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る