大分県九重町と九電みらいエナジーが地熱発電事業で連携。官民協働「菅原バイナリー発電所」稼働開始

九州電力グループで再生可能エネルギー関連事業を担う九電みらいエナジー(福岡県福岡市)は6月29日、大分県九重町で建設を進めていた「菅原バイナリー発電所」の営業運転を開始したと発表した。最大出力は5000kW。予想年間発電量は一般家庭約8000戸分の年間使用電力量に相当する約3000万kWhを見込む。 同事業は地元自治体と民間企業の協働による地熱発電事業だ。九重町は所有する地熱弁(生産井2本、…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Find us on Facebook

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー