大成建設、建物単体で「年間エネルギー収支ゼロ」達成

大成建設は6月30日、技術センター(神奈川県横浜市)に建設した「ZEB(※)実証棟」において、国内で初めて建物単体で「年間エネルギー収支ゼロ」を達成したと発表した。 建物のエネルギー消費量75%を削減する「超省エネ技術」と残りのエネルギー消費量25%を賄う太陽光発電による「創エネ技術」を昨年6月から1年間にわたり運用・実証し、今回の年間エネルギー収支ゼロを達成した。これにより、これまで困難と…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Find us on Facebook

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー