大阪、万博スマートコミュニティ構想でサッカースタジアムと電力融通

三井不動産は11月19日に大阪府吹田市の万博記念公園に開業した大規模複合施設「EXPOCITY(エキスポシティ)」において、再生可能エネルギーを活用した幅広い取組みを開始した。当該エリアを「万博スマートコミュニティ」と称して、隣接地の「市立吹田サッカースタジアム」の指定管理者であるガンバ大阪と、関西電力と共同で実施する。 同プロジェクトのテーマは「再生可能エネルギーの活用・エネルギー利用の効…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Find us on Facebook

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー