太陽光O&M継続をサポートする管理ソフト「SSG20管理システム」発売 =野原HD

野原ホールディングス(東京都新宿区)は展開する太陽光発電事業のO&M(保守管理)サービス「SunSunGuard20」で、クラウドサービスとIoTを利用して太陽光発電事業の一元管理から点検スケジュールの設定、点検台帳の自動作成などを行うことができる太陽光発電システムO&M(Operation&Maintenance=運転管理・保守点検)管理ソフトウェア「SSG20管理システ…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー