宝塚市、小規模事業用太陽光の固定資産税5年間免除

兵庫県宝塚市はこのほど、小規模な事業用太陽光発電設備について、5年間の固定資産税を課税免除する制度を創設した。以下の5つの条件を満たした設備が対象となる。①2015年4月1日から2018年3月31日までの間に新たに取得された太陽光発電設備(償却資産)。この制度により同市は、事業者へのインセンティブを付与し、再生可能エネルギーのさらなる普及促進を図るとともに、地域内における小規模分散型電源の確保を目指す。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Find us on Facebook

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る