実験住宅でエネシステム運用。【大阪ガス】「NEXT21」第4フェーズ居住実験中間結果発表

大阪ガスが集合住宅「NEXT21」で実施している長期居住実験。1994年の開始以降、延べ4期21年間にわたって行われており、現在も継続中だ。このたび、2013年6月からの第4期(第4フェーズ)前半部分、約2年間の結果がまとめられ発表された。 多岐にわたる技術要素とマネジメントの「実際のところ」を知ることのできる報告であり、エネルギーの今後を我々の生活目線で考えるにあたり示唆に富む指摘で溢れて…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Find us on Facebook

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー