富士通、小規模太陽光発電監視サービス開始/クラウドによる一元管理で業務支援

富士通は4月21日、太陽光発電事業者やメンテナンス事業者向けに、クラウドを活用した小規模太陽光発電監視サービス「Venus Solar(ヴィーナス・ソーラー)」の販売を開始したと発表した。本サービスを活用することで、発電状況を細かに監視し、多角的な分析から異常を検知することが可能となる。太陽光発電所を一元管理し、発電状況の「見える化」と運用を支援するのが狙いだ。…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Find us on Facebook

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー