富山市、農業用水路の段差を活かす昇降機能付き水車で最適発電

富山県富山市の常西用水土地改良区は5月、農業用水を活用した「西番小水力発電所」を稼働させた。最大発電出力は30・2kw。年間発生電力量は、一般家庭の約45世帯分の消費電力量に相当する18万6000㌗時。土地改良区による農業用水を使った小水力発電所の建設は、同市内では初めて。…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Find us on Facebook

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー