小売電気事業者の事前登録第一弾発表【経産省】Looopほか40社(申請80社中)

経済産業省は10月8日、「小売電気事業者」の事前登録第一弾として40社の登録を発表した。来年4月の電力小売全面自由化にともない、電力の販売を行うためには小売電気事業者登録が必要となる。同省は8月3日から事前登録の申請を受け付けているが、省内審査および電力取引監視等委員会による意見聴取を経て、ここに初めて登録企業が明らかにされた。

10月7日までに申請を行った企業は約80社あるが、今回登録されたのは、そのうちの40社。エネットなど新電力として大きな供給実績をもつ企業をはじめ、自由化に向けて業務実施体制を整えてきたLooopなど新規参入組も審査をクリアした。
審査にあたって重視されたポイントは、「同時同量や電源調達等の需給管理業務が行なえる体制が定まっているか」「苦情処理体制は適切か」「反社会的勢力との関係がないか」など。経産省は現在、他の申請企業についても審査を進めており、順次、登録の可否を判断する。

なお、小売電気事業登録の第二回目の審査結果発表は10月23日(金)に行われる。

【登録小売電気事業者一覧(10月8日現在)】
F-Power
イーレックス
リエスパワー
イーレックス販売1号
イーレックス販売2号
イーレックス販売3号
SEウイングズ
イーセル
エネット
日本アルファ電力
須賀川瓦斯
昭和シェル石油
ケイ・オプティコム
エネサーブ
サイサン
ミツウロコグリーンエネルギー
トラスティルグループ
ネクストパワーやまと
日本テクノ
中央電力エナジー
Looop
東燃ゼネラル石油
ナンワエナジー
静岡ガス&パワー
荏原環境プラント
東京エコサービス
ダイヤモンドパワー
出光グリーンパワー
プレミアムグリーンパワー
エヌパワー
新出光
中央セントラルガス
にちほクラウド電力
泉佐野電力
総合エネルギー
グリーンサークル
ウエスト電力
エクレ
北海道瓦斯
神奈川県太陽光発電協会

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Find us on Facebook

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る