新潟県十日町市、JR東日本所有ダムの維持流量を活用した小水力発電事業を計画

新潟県十日町市はこのほど、東日本旅客鉄道(JR東日本)と「JR東日本信濃川発電所」の水利権更新に関する覚書を締結した。覚書に基づき、河川環境を維持するために、信濃川に設けた同発電所の宮中ダムからの放流量を調整する。11月11日~5月31は毎秒40トン、6月1日~11月10日は、水温や鮭の遡上状況などに配慮して毎秒60トン程度に増量するとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Find us on Facebook

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る