日本製紙、未利用材100%使用、熊本県の自社工場敷地にバイオマス発電所

日本製紙は5月27日、熊本県八代市で建設を進めてきたバイオマス発電所の竣工式を開催した。この発電所は、同社八代工場の敷地内にあり、燃料には間伐材等の未利用材だけを使用するという。発電規模は5000kw。6月より営業運転を開始し、発電した電力は固定価格買取制度を活用して、九州電力に売電する計画だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Find us on Facebook

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る