日本電業工作、小型風力発電に最適な自立型ワイヤレス監視システム開発

日本電業工作はこのほど、小型風力発電に最適な自立型ワイヤレス監視システムを開発した。柔軟なインターフェイスと低消費電力が特徴の無線センサネットワークシステム「Mu(ムー)センサ」を活用したクラウド型遠隔監視システムで、風速計などの各種計測データを携帯電話回線経由でクラウドサーバへ送信し、一元管理できる。運営者はインターネットを介して小型風力発電をリアルタイムに監視でき、風力発電設備の導入前に行われ…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Find us on Facebook

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー