日立造船、水素製造・貯留で出力平準化/燃料電池車へ供給もする実証開始

日立造船は5月18日、水素ステーション向けの再生可能エネルギー利用水素製造システム「ハイドロスプリング」の九州大学への納入を発表した。九州大学では「スマート燃料電池社会実証」が行われている。同実証は次世代燃料電池である固体酸化物形燃料電池(SOFC)運用、さらに再エネ由来水素の利活用を検証している。…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Find us on Facebook

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー