東京ガスの高圧ガス導管約50kmが完成 「古河~真岡幹線」茨城県古河市-栃木県真岡市

東京ガスは10月18日、圧力1.0MPa以上の高圧ガス導管完成を発表した。この導管を経由したガス供給も既に開始されている。 [画像・上:関東北部・東部に計画されている幹線パイプライン整備の進捗状況と、今回完成した「古河~真岡幹線」の位置(提供:東京ガス)] 今回完成したのは、古河ガバナステーション(ガスの減圧設備などを備えた施設、茨城県古河市)から鬼怒ケ丘バルブステーション(保安用ガス…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Find us on Facebook

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー