東京大学、太陽熱発電への応用を期待/新概念「蓄熱セラミックス」発表

東京大学の大越慎一教授らの研究グループは5月12日、蓄熱した熱エネルギーに対し弱い圧力を加えることで自在に取り出すことのできる「蓄熱セラミックス」という新たな概念を発見したことを発表した。…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Find us on Facebook

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー