東京電力、電力システム改革にあわせて会社分割/ホールディングカンパニー制へ移行

東京電力は「発電事業」「送配電事業」「小売電気事業」を、それぞれ子会社(承継会社)に承継させ、来年4月を目途にホールディングカンパニー制に移行する。5月1日の取締役会で決議されたもので、同日、各承継会社との間で吸収分割契約を締結した。…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Find us on Facebook

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー