東京電力初のウインドファーム「東伊豆風力発電所」運転開始

東京電力は8月28日、静岡県東伊豆町と河津町境界に位置する三筋山山頂付近に建設していた「東伊豆風力発電所」(最大出力18,370kW)が完成し、営業運転を開始したことを発表した。標高約700~800m台の尾根伝いに、最大出力1670kWの風車を11基設置した。一定のエリア内に複数基の風車を備え、大規模風力発電を行う「ウインドファーム」を、同社本体で運用するのは初めてだ。

風車はプロペラ3枚羽のアップウインド型で、タワーの高さは最大70m。風速3mで発電を開始する。年間で一般家庭約1万世帯に相当する電力を供給するとともに、年間CO2削減効果を約16,000tと見込んでいる。

[画像:東伊豆風力発電所全景]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Find us on Facebook

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る