東北電力、石巻スマートコミュニティ/再エネによる復興事業進む

東北電力は4月20日、宮城県石巻市新蛇田地区に設置する石巻蛇田太陽光発電所(出力300kw)の新設工事に着工した。運転開始予定は2016年3月。非常時に備え、蓄電池(容量120kw時)を併設する。東日本大震災で大きな被害を受けた石巻市は、「エコ・セーフティタウン構想」を掲げて復興に取り組んでいる。具体的には、公営住宅や公共施設に太陽光発電を導入し、再生可能エネルギーを活用した街づくりを進めている。4つの地区( 北上地区、新蛇田地区、中心街地区、新渡波地区)を対象に太陽光発電と蓄電池を設置し、最先端のエネルギー管理システムを連携する計画だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Find us on Facebook

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る