東芝、トルコに地熱発電設備120MWぶんを納入へ

東芝は9月19日、トルコの電力会社大手ゾルルエナジーグループとの間で同国での地熱発電所施設新規建設に関する包括契約を締結した。 契約の対象となっているのは、ゾルル社が2020年までに建設を計画しているクズルデレ第4地熱発電所(予測出力40MW)・同第5地熱発電所(予測出力40MW)、テッカハマン地熱発電所(予測出力40MW)の3案件合計120MWぶんの蒸気タービン・発電機の納入。 トル…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Find us on Facebook

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー