東芝、自立型水素エネ供給システム川崎市で実証実験開始

東芝は4月20日、再生可能エネルギーでの水素製造ユニット、蓄電池、燃料電池を同一パッケージ内に備え、常時でも災害時でも自立して電気と温水を供給し続けることのできる「H2One」の実証実験を開始した。実証は2020年度末まで行われる予定。…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Find us on Facebook

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー