東芝製自立型水素エネ供給システム使用。横浜港流通センターでピークカット実施へ

東芝は11月、横浜市港湾局から同社製自立型水素エネルギー供給システム「H2One」を受注したことを発表した。これまで同システムは川崎市の施設で実証を行い、また長崎市のホテルから受注していたが、官公庁からの受注は初となる。 [画像・上:横浜港流通センターに設置される東芝のH2One(写真は川崎市に設置された例)] 横浜港流通センターの駐車場に2016年3月頃に設置され、順次実証を開始する…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー