栃木県、ダム設備の改良に伴い、国と連携して小水力発電所を建設

栃木県は4月10日、国による五十里ダム(日光市川治温泉川治)堰堤改良事業の着手に合わせ、本年度から「五十里発電所(仮称)」の建設工事に着手すると公表した。発電所の運転開始は2018年度末、最大出力は
1100kw、年間発電量は一般家庭の2300世帯分に相当する約800万kw時を見込んでいる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Find us on Facebook

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る