極東開発工業、コーンズ社と技術提携しバイオガスプラント事業参入

極東開発工業はこのほど、コーンズ・アンド・カンパニー・リミデッドとバイオガスプラントに関する技術提携を行い、バイオガスプラント事業へ参入した。食品残渣や家畜ふん尿など、動植物由来の再生可能なバイオマス資源をメタン発酵させ、バイオガスエネルギーへ転換させるバイオガスプラントは、北欧諸国やドイツでは導入が進んでいる。しかし日本国内では、プラントの品質や技術、プラント建設にかかる高コストの回収ノウハウや…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Find us on Facebook

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー