横浜環境デザインがソーラーシェアリングの電気を組み込んだ小売メニュー展開へ

住宅用・産業用太陽光発電施設・設備のデベロップメントからO&Mまでを行う横浜環境デザイン(横浜市、代表取締役社長:池田真樹氏)と、再エネ事業のコンサルなどを展開する千葉エコ・エネルギー(千葉市、代表:馬上丈司氏)は12月8日、ソーラーシェアリングに関する新たな事業の立ち上げを発表した。 千葉エコ・エネルギーは自社でもソーラーシェアリングのサイトを複数所有し、発電事業を行っている実績が…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー