潮流発電技術開発、長崎県沖で試験実施【NEDO】効率高い相反転プロペラ用いて379Wの出力確認

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は11月、潮汐力を利用(潮の満ち干)する潮流発電の技術開発事業が、実海域で試験を行うフェーズに入ったことを発表した。 [画像・上:タグボートによる曳航試験の様子(提供:NEDO)] 事業は「海洋エネルギー技術研究開発/次世代海洋エネルギー発電技術研究開発(相反転プロペラ式潮流発電)」(2013年度~2017年度)で行われている。事業委託先は…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー