瀬戸内Kirei未来創り、国内最大級230MWの太陽光/中央排水路整備工事が完了

瀬戸内Kirei未来創り合同会社(東京都千代田区)は5月11日、岡山県瀬戸内市で建設を進めている「瀬戸内Kirei太陽光発電所」の中央排水路整備工事を完了し、同排水路を所有者の瀬戸内市に引渡したと発表した。同発電所は国内最大級となる約230mwのメガソーラーで、2019年春の発電事業開始を目指している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Find us on Facebook

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る