燃料電池船舶の安全性、国際基準作成すすむ 水素に対する船上での安全性確保が焦点に

国際海運のルールを策定・施行する国際海事機関(IMO)で、燃料電池を搭載した燃料電池船舶(FC船)に関する国際規則作成の審議が行われた。9月11日から15日にIMOのロンドン本部で開催された第4回貨物運送小委員会において議論が展開された。 水素エネルギーの認知向上と技術イノベーションによって、燃料電池を船舶の動力にする研究開発が世界で行われている。こうした現況を踏まえて、IMOではガス燃料及…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Find us on Facebook

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー