[特集]岐路に立つ国内の木質バイオマス

バイオマス発電のFIT以降の既導入量は81万kW(2017年6月時点)。各種再エネと買取電力量を比較してみても、すでに総量の13%はバイオマス発電であり、住宅用太陽光発電を上回る。ところが大半の認定は「1kWhあたり24円の一般木材」であり、その燃料の実態は輸入木質ペレットやPKSだ。結果的に海外に多くの燃料費が流出しているとも言える。 2030年度のバイオマス発電の導入目標は、資源エネルギ…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Find us on Facebook

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー