環境省/再エネ水素STを地方に、FCVの使用領域拡充へ

環境省は5月29日、募集していた「平成27年度地域再エネ水素ステーション導入事業に係る補助事業者」について、全国から熊本県・神戸市・徳島県・宮城県の4件を採択したことを発表した。低炭素な水素社会の実現と燃料電池自動車(FCV)の普及・促進のため、再エネ由来の水素ステーションの導入に対して支援を行う。事業の平成27年度要求予算額は6億円で、対象となる再エネ由来水素ステーションの設置費用の4分の3まで…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Find us on Facebook

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー