福島県飯館村で23.3MW発電所運開【NTTファシリ】飯館村「までいの村 陽はまた昇る基金」を通じて復興支援・地域貢献に活用も

NTTファシリティーズは10月24日、福島県相馬郡飯館村でメガソーラー「F飯館太陽光発電所」の竣工式を挙行した。工事は2015年8月に開始し、発電は2017年9月から既に行われている。 [画像・上:「F飯館太陽光発電所」全景(提供:NTTファシリティーズ)] パネルにはインリーグリーンエナジー製、PCSにはSMA製を採用した。設備容量は2万3,371kW。想定される年間の発電量は、一般…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Find us on Facebook

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー