福島第一原発20㎞圏内で初となるメガソーラーの建設開始【エナジア】

福島県郡山市の再生可能エネルギー関連のベンチャー企業エナジアは6月8日、同県川内村で「かえるかわうちメガソーラー」の安全祈願祭と起工式を開催し、建設に着手した。東京電力福島第一原発から20km圏内でメガソーラーが設置されるのは初めてだ。12月に完成し、2016年1月から発電を開始する。 太陽光パネルはシャープ製、パワーコンディショナは東芝三菱電機産業システム製を採用。パワーコンディショナの定…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Find us on Facebook

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー