群馬県、東吾妻町、小水力発電事業を県内初のPFI活用で実施

群馬県東吾妻町は、小水力発電事業の「箱島湧水発電事業」を「民間資金等の活用による公共施設等の整備等の促進に関する法律」(PFI法)を活用して実施する。公共施設やサービスに民間の資金や技術を取り入れる「PFI法」の手法を導入するのは、県内自治体としては初。発電能力は170kw。本年度中に着工し、2017年4月の電力需給開始を予定している。…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Find us on Facebook

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー