耕作放棄地再生、ふたたび営農へ 千葉県匝瑳市でソーラーシェアリングのメガソーラー運開(下)エネルギーが農業とできること

【(中)より続く】 [画像・上:落成式での集合写真] 4月3日、発電所の落成式が開催された。式には、細川護熙、小泉純一郎、菅直人の総理大臣経験者3氏はじめ地元関係者など多数が参加した。 耕作放棄は全国的な問題だ。農水省によると、2015年でその合計は42.3万haにのぼっている。一方で実際に耕作を行っている耕地面積は年々減少しており、最盛期である1961年の608.66万haから…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Find us on Facebook

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー