自然電力ほか5社、洋上風力発電所建設用の自己昇降作業台船船団の建造に参画

自然電力はさきごろ、7月より5社共同で、洋上風力発電所建設と普及を目的とした洋上風力発電所建設用自己昇降式作業台船船団「HASTY-W(ハスティダブル)」の建造の検討を開始したと発表した。 [画像・上:自己昇降作業台船「HASTY-W」完成イメージ図(提供:自然電力)] 同社を除く4社は、アチハ(大阪市)、東光電気工事(東京都千代田区)、吉田組(姫路市)、若築建設(東京都目黒区)。 …

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Find us on Facebook

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー