鈴鹿サーキットのEVゴーカートに東芝製リチウムイオン二次電池採用。1回の充電でコースを15回周回可能

[画像:東芝製リチウムイオン二次電池「SCiB」を搭載した、鈴鹿サーキット「サ―キットチャレンジャー」EVカート(提供:東芝)] 鈴鹿サーキット(三重県鈴鹿市)に来年3月お目見えする新アトラクション「サーキットチャレンジャー」のEV(電気モーター式)ゴーカート全70台に、東芝製のリチウムイオン二次電池「SCiB」が搭載される。 鈴鹿サーキットの「サーキットチャレンジャー」は、F1日本グ…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Find us on Facebook

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー