関西電力「堺港発電所」にガス製造施設の熱量調節設備が竣工 関電のガス供給能力が年間約60万トンから90万トンに増加

関西電力がガスの小売全面自由化によるガス販売拡大を見据え、2016年6月から「堺港発電所」(堺市)で建設を進めていたガス製造施設「熱量調整設備」が竣工し、9月1日から本格運用を開始した。ガス供給能力は年間約30万トン。 [画像・上:竣工した熱量調整設備(提供:関西電力)] 熱量調整設備は気化した天然ガスに増熱用のLPG(液化石油ガス)を混合して、一般ガス導管事業者の規定ガス熱量に合わせ…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Find us on Facebook

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー